まあ~結構な雨ですこと
皆さんこんにちは!塩瀬です。
台風が近づいているのと、秋雨前線?の影響でしょうか、大雨のためハッキリ言っちゃうとヒマです。ということで珍しく月2回目の更新です。
今回は大学時代高学年編です。我が内科学教室といえば都内で牛や馬を飼っていた比較的珍しい研究室でした。当時は時々テレビ局が牛の映像を撮りに来たり、ドラマの舞台にもなったりしていました。今は牛舎などは跡形もなく、洗練された小綺麗な大学になっていて、久しぶりに大学に行くとここは本当に我々が過ごした大学なんだろうか?という感情に襲われてしまいます。
3年生の頃は動物たちの世話を当番制で行っていました。朝6:00集合というハードスケジュール!横浜に住んでいましたが、始発でも間に合わないので、どこかの漫画のキヨハラ君並みに大学に泊まり込んでいましたね~。その頃は日々の生活に追われる毎日のためか、写真が何故か全くありません。今回ご紹介する写真は4年生~と思われます。画像左が今は亡き牛舎の風景ですね~。もう窓とか何もなく吹き抜け状態です。思い起こされるのは、牛が具合悪くなったりすると、酒盛りしながらみんなで点滴をただただ見つめて徹夜していました。学生の頃ときたらみんなやたら徹夜が好きで、意味なく徹夜することが多かったですね~。画像中が馬さんのパールさんです。元々競走馬だったらしく、現役時代は「パールサミット」という名前だったそうです。やっぱり賢くて、当番を始めて間もない頃は馬にも解るのでしょう、「コイツ新入りやな。ヨシ言うこと聞かんといたろ」という感じで、バカにされていました。いつしか皆たくましくなっていくにつれパールさんも我々に従ってくれるようになっていきました。
そして画像右が・・・ヤダ・・なにこのイケメン♡♡・・・。度々ごめんなさい。僕ですね。牛の採血をする時の保定をしています。このジェスチャーは「アイ ラブ Ushi!!チューしちゃうぞ!」的な感じでしょうか。
今回は大学生活での大部分を占める内科学教室での出来事でした。次回、「卒業」をお送りします。