ESG400について
高周波焼灼電源装置 ESG-400 OLYMPUS

本体の外観です。
最新の電気手術器です。白くてキレイでカッコイイですね。
モノポーラ出力とバイポーラ出力を同時に使用できます。
詳しくは後述します。

モノポーラデバイス

モノポーラデバイス

モノポーラ用のデバイスです。
手元のハンドコントローラーで切開と凝固止血を使い分ける事ができます。
電流を流すために対極版という電極を設置する必要があります。

バイポーラデバイス

バイポーラデバイス

バイポーラ用のデバイスです。
ピンセット状になった電極の間に電流が流れて止血するので、他に電極を設置する必要がありません。フットコントロールで出力します。

バイポーラクランプ

バイポーラクランプ

こちらのデバイスがこの装置のキモとなる
バイポーラクランプです。
従来の血管シーリングシステムを更に進化させたアドバンスドバイポーラなるものです。
具体的には更に後述します。

血管シーリングシステムについて

当院では猫の去勢手術では本来縫合糸を使わないのですが、画像がわかりやすいので猫の去勢手術を例にご説明いたします。

血管

通常の血管はこのような状態です。
この画像の上方向に摘出するべき睾丸があります。

通常であれば縫合糸で結紮するなどして切除しないと出血がとまらずに困った事になってしまいます。

結紮

通常は画像のように結紮して、結紮した縫合糸を残すように、画像では縫合糸の上側を切除します。

そうすると体の中にこの糸が残ってしまいますね。

クランプ

そこでバイポーラクランプの登場です。カチッとクランプして、フットスイッチで出力します。
「ポーーーーーピピッ」と言ったらシーリング完了です。

シーリング完了

すると画像のように血管がシーリングされています。
電気エネルギーによるシーリング強度は、(血管の太さにもよりますが)ほかのシーリングデバイスよりも強力である、といわれています。

この機器は、手術時間の短縮や、体内に異物である縫合糸を残さない、などの動物に負担の少ない手術を行うことに貢献しています。

そのうち更にすごいのが増える予定です。(心の声)